埼玉にある看護学校に通って夢を叶えることができました

高校生のときにあのような進路を選んでいて本当に良かった

自分に看護師は向いていないのだろうかと家で泣いてしまった同じ夢を持った生徒がいるので切磋琢磨することができました高校生のときにあのような進路を選んでいて本当に良かった

看護師になるためには国家試験に合格しなければなりませんが、看護学校に通っているから余裕というわけではありませんでした。
実習をこなしながら勉強しなければなりませんし、落ちてしまったらどうしようという不安と闘いながら生活していたのです。
厳しく指導してくれた先生や一緒に勉強を行ってくれた友達のおかげもあり、無事合格することはできましたが、中途半端な気持ちでは乗り越えることができないと感じました。
埼玉県で看護学校に通っている間は大変な思いをすることも多かったですが、そのおかげで無事看護師として働くことができるようになったので良かったです。
挨拶の声が小さかったら上級生からも怒られるほど厳しかったのですが、これは実際に働き始めてから医師や先輩看護師、患者さんやその家族に小さな声で対応してしまわないためにも重要でした。
先生や病院で指導してくれた方、先輩が厳しかったことには理由があり、厳しさがあったおかげで比較的スムーズに看護師として働き始めることができたと感じています。
自分が通っていた学校は看護師になるための学びだけではなく、様々な学校行事に参加できたことも良かったです。
大変な生活の中でも楽しめるイベントや行事があることは、心を休めるために重要でした。
通っているときには大変なことが多いように感じていましたが、楽しいこともたくさんありましたし、今では非常に良い思い出です。
また、学校でできた友人とはいまでも集まるほど仲が良く、かけがえのない友人関係をつくることができました。
現在看護師として活躍することができているのは学校に通っていたおかげなので、高校生のときにあのような進路を選んでいて本当に良かったと思っています。