埼玉にある看護学校に通って夢を叶えることができました

同じ夢を持った生徒がいるので切磋琢磨することができました

ただし、1年生の頃は結構楽で、座学の講義がメインですし、実習や記録も少なかったのでそれほど大変だと感じることはありませんでした。
2年生になって実習が増えてから大変になった記憶があります。
色々な目標を持った生徒がいる学校と違って、看護学校には看護師になるという同じ夢を持った生徒がいるので切磋琢磨することができました。
少人数制のクラスだったためかクラスメイトの仲はとても良く、実習や演習で上手くいかないことがあったときには後から練習を手伝ってくれましたし、試験前には教室でみんなで勉強会を行うようなこともあったほどです。
授業や試験は結構大変だったと思っていますが、同じ目標がある人が集まっているからこそ、あれほど協力ができていたのだと思います。
上級生になると病院での実習が始まりますが、これがまた大変でした。
学校の先生も厳しかったのですが、病院で指導してくれる方は更に厳しく、指示されたことをこなすだけで精一杯の日々をしばらく送っていたのです。
しかしながら、患者さんと関わる中で感謝してもらうことができたり励ましてもらえたりして、やはり看護師になって患者さんを支える役割りを果たしたいと強く感じました。
病院実習では医師や看護師、患者さんだけと関わると思っていましたが、患者さんの家族と関わることもあり、実際に現場で働きだしたときに役立つ実践的な学びを深めることができて良かったです。

自分に看護師は向いていないのだろうかと家で泣いてしまった同じ夢を持った生徒がいるので切磋琢磨することができました高校生のときにあのような進路を選んでいて本当に良かった